スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    --:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

    スマートハウス?!

    広い玄関ホール左側は来客用で右側がシューズクロークと自転車も置けるスペースがある。
    靴を何度言っても揃えない子供たちや足が何本あるか分からない位の大量の靴を持っている千鶴には、良いかもしれない。ちなみに俺の靴は、仕事用も含めて3足だ。
    許可を取って写真をパチリ。
    リビングは、LDKが長方形に並んで22畳と広々。千鶴は早速キッチンと食器棚の引き出しを開けたり閉めたり、食洗機の中をのぞいたりしながら説明を聞いている。
    俺は年末の大掃除で何時も苦戦するレンジフードが気になるのだが・・・
    子供たちは、対面キッチン横のスタディースペースの椅子に座って足をバタバタ。壁紙がマグネットになっているようで大人しく遊んでいる。
    ダイニングテーブル上のパソコンを見ると太陽光の発電と家の中で使われている電力が出ている。

    さわかやさん「この家はスマートハウスになっています。」

    蔵之介   「最近CMで良く耳にしますが、何ですか?」

    さわやかさん「スマートハウスとは、IT(情報技術)を使って家庭内のエネルギー消費が最適に制御された住宅のことです。具体的には、太陽光発電システムや蓄電池などのエネルギー機器、家電、住宅機器などをコントロールし、エネルギーマネジメントを行うことで、CO2排出の削減をする省エネ住宅のことです。

    この家は太陽光発電とHEMSが付いています。蓄電池は、家庭用では1~3KWhが主流で価格は100~200万円です。一般家庭では、1時間で0.5KWh程度の電力が使われるため容量が1KWhだと2時間程度の電力供給量となります。今だとリチウム電池を搭載した製品を導入すると1/3の補助金が出ますが、電池の寿命が5~10年程度と言われているため災害の備えとしては、良いですが電気料金としてのメリットを考えるとまだ難しいと思います。

    電気自動車(EV)の日産のリーフだと蓄電した電気を家庭で使用することが出来てバッテリー容量が一般家庭の約2日分に相当する24KWhあるため、蓄電の選択肢の一つだと思います。


    2階に行くと先客の方が、図面を広げて打ち合わせをしていた。
    雨で外のキッズコーナーが無いため、その横を見覚えのある小さな暴れん坊が走り回っている。

    これはゆっくり見ている時間は無さそうだ・・・

    寝室の横には、造り付けの本棚とカウンターがある3畳ほどの書斎!
    蔵之介   「やっぱり良いよなぁ書斎」

    千鶴    「・・・」

    無視ですか?家事コーナーやパントリーを見ていた時の目の輝きは?これからの長い陣地取りの戦いを予感させる沈黙。

    里見    「わぁ~~!あーーーー!」

    はい撤収!

    蔵之介   「すみません。有難うございました。」
    さわやかさん「また資料とか見学会の案内を郵送させて頂きます、ホームページもありますので一度ご覧になってください。」



    後部座席には、帰りがけに貰ったお菓子ですっかり機嫌の良くなった暴れん坊二人。チャイルドシートにボロボロお菓子をこぼしながら頬張っている。誰に似たのやら・・・


    夢のマイホームへの路は、まだまだ長く遠い・・・
    12:49 | 男前連載小説「森家の場合」 | comments (1) | edit | page top↑
    | top | いざ出陣!

    Comments

    # 承認待ちコメント
    このコメントは管理者の承認待ちです
    by: さん | 2012/11/23 09:32 | URL [編集] | page top↑

    post a comment

    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。